オリンピア通信 1

7月吉日

石井 文得

夕方、陽が傾いてから、裏庭にブランケットを敷いて、フィリックスとピクニックをした。

午前中にダニエルが雑草を刈りこんだので、あれだけ満開だったたんぽぽの花達は、もう姿を消されていた。替わりにクローバーの葉をひとつひとつ摘んでフィリックスに渡すと、彼はそれを宝物のように喜んで、短い時間だけどとても大切にした。健気に咲いていたバターカップの花を見つけると、それを離さず、両腕をぴょんぴょんさせてバランスをとりながら、ブランケットの外にある草に手を伸ばそうとする。

IMG_5175

ふと空を見上げると、とても大きく感じた。

ポプラの葉がざわめき、薄いまだらな雲が薄水色の宙に広がる。私はこの瞬間を絶対忘れない、そう思うと、この瞬間の刹那さに打ちのめされて、涙がでた。

空が大きく感じたのは、高層の建物が周囲にないからと、背の高い木がちらほらと私たちに挨拶しているのと、あとは自分の存在のちっぽけさを改めて感じたから。

昨年子供が生まれてからワシントン州のオリンピアという町に移った。

この土地での生活のジャーナルを再開します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中