オリンピア通信 2

11月26日 木曜日 石井文得

オートミールがぐつぐつ煮える音にこだまして、カーテンの外からチカディー(四十雀)の囀りが聞こえる。静かに太陽の光を部屋に入れる。雨は降ってない。嬉しいな。昨日窓のトレイに山盛りで餌を入れておいた。気配を感じる。フリッカー(キツツキの種類)だった。今年は何度もフリッカーの羽を公園やトレールで拾った。羽柄や小さい斑点が綺麗なオレンジで、宝物になる。燃えるような紅葉も終わり、近所の木々の葉は落ちて、鳥やリスが見やすくなった。この辺りは住宅街だけれど、鹿や、アライグマ、コヨーテ、見るとぞくっとする太い尻尾で少し怖顔のオッポサムなどがいる。鳥図鑑で名前を学んだ常連の鳥たち。冬場この辺りに留まる彼ら、去年よりも新たな種を見つけられるかな。野鳥公園や森で静かに待ち続けられないので、こうして窓の外を子供と飽きずに観察できるのは幸いだ。

今日は感謝祭。この休日の由来は歴史と伴って賛否両論だけど、日々の生活、生命に感謝することは大切に思う。アメリカも20年。いろいろな人々や出来事そして動物にも支えられてここまで暮らせてきた。小さなご馳走を準備する前に、一走りしてこよう。20年目にして始めて鳥を焼く。チキンだけれど。庭先に集う鳥を眺めて心温まるなか、未だまだベジタリアンではないのかと、矛盾するダイエットを恥ずかしく思う。

他の鳥たちはしっかり自分の番を待って、食べてはすぐに飛び去ってはまた戻って順番を待つ。この子だけ一人居座り黙々を餌をついばむ。若いJuncoかな?
他の鳥たちはしっかり自分の番を待って、食べてはすぐに飛び去りまた戻って順番を待つ。
この子だけ一人居座り黙々を餌をついばむ。若いJuncoかな?
鳥
友人の鳥小屋で雛を育てるチカディー。鳴き方で状態を知ることもできるので、鳥学も面白い。
海岸沿いまで旅すれば、ペリカンの群れにも遭遇できる。かつてこの地域では農薬の影響でペリカンがいなくなったらしいが、仕様が禁止になってから戻ってきたらしい。
望遠レンズの練習でやっと撮れたロビンの雛。鳥を撮るのも、これまた難しい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中